Re: >yfiさん (憲法21条的なお話。。etc...)

(この記事は、表題@Rayさんへのレスです)

 ええと…何から書けばいいのか良く解らないので、順序は適当なまま(おおよそレスまま)で書かせていただきます。

      • -

 冒頭の件。
 うーん…私の場合、テキトーに凹んだ後はテキトーに復活します。この点に関しては、今までもこれからも変わりはありませんので、ご心配いただく必要はありません。


 2chでの内容についてですが、あそこでの内容については(固い内容までも含めて)そのままで良いと思います。
 せっかく率直かつ核心を突くコメントを多く頂いている訳で、あの場に「教えて君」がなだれ込んでしまえば、一気に話題が散ってしまう恐れがありますから。


 もしRayさんが想定されている「一般の人」に来ていただく場を求めるならば、このRayさんのblogにあるコメント欄を使うなり、もしくは2ch以外の掲示板システムを利用する方が良いのではないかと思います。
 場所や常連が違うと話題も変わってきますから、一つの掲示板のみで多方面の話題を扱うよりも、色々と場所がある方が投稿しやすいのではないかと。

      • -

 「入力法相対主義」の件。
 キー配列というものは、自動車の操作系やパソコンのキーボード・マウス・ディスプレイ・プリンタ、あるいは自然言語などと同じく、全て等しくインターフェースであるとゆーのが、私の「主観的な」考え方です。


 キー配列に関しては、QwertyロマかなやJISカナが好きな人もいれば、ACT(拡張Dvorak)が好きな人もいます。月が好きな人もいれば、親指シフトTRON配列が好きな人も居ます…って、全部挙げていればきりがなくなりますね。
 他の配列を許容しない人も居ますし(少なくとも、「普通の人」は導入コストの重さを嫌って、それを許容しませんから…現状では、こちらの方が驚くほどに多いはずです)、他の配列を許容する人も居ます(まだまだ、ごく僅かな人しかいません…ここ(問題意識も持たずに使っている人が居ること)が一番の問題なのだと感じています)。


 皆さんは考え方も知識も色々でして、blogを読み書きしていると「ホントに色々な事を知っている/試している人が多いな」と感じることが多いです。
 そんな中で、一つハッキリとしていることは「日本語入力環境や、日本語配列に関して興味関心を持っているひとが、実は意外と多いのではないか?」ということです。
 

 私は、「多くの方に、キー配列に関する興味関心を持っていただくにはどうすればいいか」という事を考え続けています。
 そのために重要なことは「話題の片隅にきちんとのぼること」だと感じていまして、それを実現するには「よりピンと来る資料を提示すること」しか無いだろうな…と思っています。
 

 人は、興味関心があることに関しては、苦労を苦労と思うこともなく突き進むことが出来ます。
 Rayさんにとっての「飛鳥」がそうであるように、私にとっての「えもじならべあそび」もまた、そういう存在です。


 興味関心が人によって異なるとなれば、インターフェースたるキー入力方法が人それぞれに異なっていたとしても、何ら不思議はないものと思います。

      • -

 ディベートについて。
 したことはないですね…オフラインでは「負けず嫌いの人のディベート」ばかりを見てきましたから(…って、こんな環境自体がどうかしている訳ですけれども)、それを良しとする理由すら理解できていません。
 そういう環境で育ってきたものですから、オンラインでの意見は色々と参考になりますね。
 

 そうそう、増田さんのページから引用した点についての話についてですが、うーん…「権威筋」って、そういう意味に取られるんですね。
 そうすると、私から見ればRayさんのコメントを引用しても、ぎっちょんさんのコメントを引用しても、jisx6004さんのコメントを引用しても、Uジローさんのコメントを引用しても…いやそれどころか「誰から引用したとしても」、等しく「権威筋」からの引用という事になってしまいかねません。私から見れば、皆さん凄い人ばかりですし。

      • -

 普及活動について。
 私のやり方とRayさんのやり方は明らかに違います。


 で、私はRayさんがどこかで記述していらしたものを見て「親指シフト式であって、なおかつ小指に負担を強いないキー配置となっている」点が気に入って移行を開始しました。
 こういうのは私だけではないはずですので、「Rayさんのやり方は、今後も変わりなく必要」です。
 他の誰に出来るわけでもなく、それはRayさんにやっていただかなければならないはずです。
 

 私のやり方は…どうなんでしょ。自分では良く解らないですね。
 もちろん、「批判は微妙」って書いてしまうヤツですから、それをしない方法での普及を目指したい…で、成り行き任せで出た結論が「(使っていないものについては)批判しないこと」なんです。
 配列に首を突っ込む以前は、ヘッドフォンの聴き心地について色々と書きまくってきたものですから、それの延長線上で物事を進めようとしています。
 言及する方が増えれば、それだけ多くの人の視点に合致する可能性が上がる…というのは、その時に始めて知ったもので。


 色々な(普及活動に関する)やり方があるほうが、より多くの人に興味関心を持っていただける可能性が上がるであろうと思います。

      • -

 まとめ。
 まずは、久々に記事を拝見できて満足してます!
 どうか、これからも「目の具合(というか体調全般)に障らない範囲で構いませんので」記事投稿をよろしくお願いいたします。

飛鳥のシフト残り問題、まずは第一関門突破!(wiz mayu)

(言及:シフト関連記事に対してのみ:邪道タイパーさんがシフト対策済み飛鳥設定を公開!にわかに忙しくなってタイプライタ的打鍵=標準打鍵ということ)


 Uジローさんの現実的かつ的確な発想と、邪道タイパーさんの技量と執念(??)が融合した、飛鳥用の新しいシフト方式が公開されました!
 実装には「窓使いの憂鬱」を使用されています。
 アップローダーを利用したアップロードとのことで、今使うか否かにかかわらず、とりあえずはダウンロードしておくことをお勧めします
 置き場所については、理想?の日本語入力「飛鳥」配列3打鍵目をご覧下さい。


 ええと…特徴は

  • とんでもない力作(定義長は1万行超、容量が約430kb)
  • 連続シフト中に限り、文字キーのUp時にシフト判定をする。
  • 読み込み時間が微妙に長い(ハングアップに似ているので、あわててリブートしないでください…いや、思わずやりそうになってしまったもので^^;)。

といった感じです。


 まずは邪道タイパーさんの「まずはやってみよう」という心意気に多謝!
 そしてUジローさん、私「何か足りないかも…」とか言ってしまってすみませんでした…orz


 この方法は、他の(特に時間精度がまるで取れない環境での)エミュレータ作成に関して、かなり良い方法なのではないかと思います。
 というか、そういう環境で飛鳥を実現するには唯一(しかも確実)の方法ということになりますね。
 現実的に使っていても「キーを離すタイミングを取るよりは、キーを押し続けるタイミングを取る方が、まだやりやすい」という事は確実そうですから、その点でもこのシフト方法はかなり良い感じだと思います。

2005/05/23追記。

 飛鳥スレッドにて「頒布ファイルを古いlhaplusで圧縮していないか」という話が出ていました。
 で、手元のlhaplusを見てみると「1.22」…って何時のですかこれorz
 念のため、全部の圧縮ファイルを解凍→再圧縮しておくことに。

2005/05/26追記。

 邪道タイパーさんが、正式に頒布用サイトを公開されました


 本定義を使用することにより、ロールオーバーさせつつ打鍵することが常態化しがちな「ローマ字入力を経験した人(私もその中の一人)」であっても、飛鳥特有の「シフト残り現象」を回避可能とすることが出来ます。


 実際に誤打無く打鍵するには、ちょっとしたコツが必要となります…誤打で困ったときには、同ページ内の「補足」をお読み下さい。

五月五日の子どもの日に合わせて「ものぐさ配列(飛鳥もどき)」を追加。(@雑記ではないえもじならべあそび)

(言及:現状ではなし)


 これを「えもじな〜」に載せても良いのかどうか…は延々と悩んだのですが、「あすかのーと」に書いては混乱の元にしかならないと思い、素直に「えもじな〜」へと載せてみました。


 さて、と…mikadoさん謹製の指運解析CGIスクリプトで解析してみようか。
 #って、今までperlを使ったことがないので、上手くいくかどうかは不明なんです…上手くいかなかったらどうしよう^^;


 …ひとまず順番にメモしていきますか。
 mikadoさんのドキュメントにあるとおり、「WindowsでCGIを動かすには?」を参考にインストールしました。
 まずActivePerlのダウンロード・インストールは問題なし。
 つぎにAN HTTPDを起動して…あれれ、ノートンWindowsXP/SP2のガードが働いてますね…何やらエラーが出ます。何が原因なのかは解りませんが(ぇ)、ひとまず「オプション→一般→ポート」を、80→8080に変更しますか。
 Perlのインストール先は「c:\Program Files〜」ではなく、例示の通り「C:\Perl\bin\perl.exe」になります。
 その後、下の表内から拡張子「.pl,.cgi」・実行プログラム「perl」をダブルクリックして、出てきたダイアログの中にある「実行プログラム」の欄に「C:\Perl\bin\perl.exe」と入力する。
 最後に、「ドキュメントルート」欄に、スクリプトなどを収容しているフォルダの絶対パスを書けばOK。


 …と、まあこんな感じです。Port80が使えないのはなぜ?とかいう疑問は放置して、ひとまず表示テスト。
 ポートを8080に変更してしまっているので、ブラウザにぶち込むべき文字列は
http://localhost:8080/なんとかかんとか.html」の様になります。
 ここまでは…無事に表示されてます。
 では次に、このフォルダの下にmikadoさんのそれを入れて…
 「http://localhost:8080/measure_tsuki2-263/measure.cgi
 …おお、無事に出ますね。まずはここまで大丈夫そうです。


 では、飛鳥もどきを定義して試してみますか。
 …計算結果はこんな感じになりました。
 (1.01が発表されていたので、そちらで表示させています。)
 オマケとして、元となっている飛鳥21世紀-290の解析結果はこちら


 さすがに、連続シフトが効かない環境での飛鳥は辛いですね(^^;)。
 もっとも、叩くべきシフトが比較的固定化されているので、交互打鍵をするにはかえって調子が良かったりする点はちょっとした発見だったりするのですが。

 それにしても、本来の飛鳥では「左手縦連が0件」ですか…
 試しに悪のりして「ロマかな配列」についてもスクリプトに掛けてみました
 …飛鳥もどきとのあまりの差に愕然としました。ダメじゃん>ロマかな配列。


 そういえば、スクリプトで気になった点が一つ。
 なぜか、定義にコロンを含むものがあるとスクリプトが通らないようです。
 大体こんな感じですね…通らなかったのでコメントアウトしてます。

s|かっ|k;|g; s|かん|k/|g; #s|かー|k:|g;

 コロン単体のものは通るようです。

s|、|,|g; s|。|.|g; s|\Qー\E|:|g;

 とりあえずメモメモ。
 …って書き出してはじめて気づいた。
 コロンじゃなくて長音が原因だったのかorz
 早速スクリプト内の長音部分を訂正。

2005/08/20追記

 漢直など、他にも2バイト目が"["と被るコードで困っている場合は、下記のサイトをご覧ください(出来うる対策が一通り示されています)。
 http://homepage1.nifty.com/nomenclator/perl/shiftjis.htm

納得できる仕様書を書いてみたい!(Re:飛鳥の連続シフト動作方式について)

(言及:申し訳ないですがqwertyに戻ります。飛鳥の連続シフト動作方式について (Re:シフト残りの犯人をぐだぐだと 思考 してみるテスト。)[繭姫] シフト残りの犯人をぐだぐだと試行してみるテスト。)

 (quarkさんの記事と、昨日の記事に対するUジローさん記事への返信です。)


 なるほど、後行キーのD-U間を計るのですか。
 私は親指ひゅんQのドキュメントを読んで以来、「D-先行文字→D-後行文字→U-親指」を計って何とかしようとばかり考えていたのですが、D-先行文字→D-後行文字間の時間を計ってもしょうがないかな…とか思っていたところです。


 結局、同時シフトと連続シフトをする限りは、D-キーとU-キーの両方を監視する必要があるということは、確定したような気がします。


 なんというか、色々な人の打鍵癖を見ない限りは解らないのかもしれません。
 例えばキー入力モニター(ずっと監視はしておいて、BackSpaceキーを押された時にだけ前後6キー分位をタイミング込みで記録する…とか)があれば大分状況は把握できそうな気がします。
 …とはいえども、そんなキーロガー聞いたことがないし(ioi)。


 何となく…ですが、Uジローさんの方法は「無理」ではなくて「何かが足りない」様に思います。
 タイムシフトについても、これで「穴があることだけはハッキリした」わけで。
 ここはじっくりと、順々に穴をふさいで行くしかないですね。


  あっ、ちなみに鈴見咲さんが仰っていた「姫踊子草のへっぽこぶり」の件ですが、私が書いた「2005-04-29 00:26 」のコメントのみを指している気がします。
 あの件は、そもそも「ロールオーバーによって、結果として同時打鍵されうるキーが4つに達するおそれがあるが、これを何とかしていただきたく…」という時点でふざけた希望だったりしますorz
 しかも他の例も「あつあつ(←d→l←d→l)」などしか思い浮かばないですし…


 で、少し話を戻してみます。というか思い出話?みたいな。


 姫踊子草の挙動が「旧ひゅんQと同じ(注:エンバグでこうなってしまったはず)」から「同時打鍵と連続シフトがどちらも有効(バグ取りがなされた)」に変わった時の感動は大きかったですね…今でも思い出すときがあります。
 カナ系配列としての飛鳥には、やはり「常に同時打鍵が掛かること」は、外せない要素だと思います。
 (個人的にはそれ以前から、雑記ではない「えもじならべあそび」を書き連ねる上で、ホントに姫踊子草にはお世話になってます。何しろそれがなければ「えもじならべあそび」自体が存在できなかったわけでして。よその言葉を借りれば「無条件に姫踊子草萌え〜」とかいう感じです^^;)


 翻って、キー順を考慮して打鍵する方法(旧ひゅんQの動作を利用)は、すでにjisx6004さんの言及や、へたれ定義を使っての打鍵を行った経験からしても「理屈としては可能だし、慣れれば何とかなるレベル」なので、「とりあえずマニュアルシフトでも良いから思い通りに操作したい!」という人が、もし現れた場合は、この方法論も(当面の回避策としては)必要なのかもしれません。


 ただ、根本的には(Rayさんが記事で述べた事を書き換えると「シフト面替えを経由する場合は、絶対にロールオーバーしつつ渡ってはいけない」のかもしれません。
 先ほど私も、遅まきながらに繭でこの辺を意識しつつ打鍵してみたのですが、やはり姫踊子草と同じ挙動ですね。


 なんとかして、ロールオーバーを許容できるロジックを作成したいですね。
 将来的には、(かつてもやしさんが公開されていた「もや指」のように)姫踊子草・繭姫のほかにも飛鳥へと対応するツールを作ろうとする方が現れるかもしれません。
 その時に、「良く解らないけど、大体こんな仕様です」と言うよりも「この仕様で作れば大丈夫です!」って自信を持って言えるようにしたいです。

もっとも欲しかったデータの一つ。

(言及:飛鳥ネタをひとつ)

 massangeanaさんの計算による「飛鳥のキー使用頻度表」に関して。
 jisx6004さんが、最近の飛鳥(開発版21c291)における計算結果を追加した表を公開されました。


 うーん…この表(と言うかスクリプト)に足りていない評価基準はなんでしょうか。
 私が見て気づく範囲では、たぶん【2指の連続】表において

  • 同手同段(異指)連
    • アルペジオ打鍵…ですよね。これを定義すれば、ACTの拗音で使うY音(同手同段中指か薬指という仕様)についても正しく評価できるはず。ただし人差し指連打(gfやhjなど)は除く。
  • 同手非跳躍(異段異指)連(準アルペジオとして見ることができる)
    • 例えば月の「いう」やQwertyローマ字の「じ(ji)」など。ただし人差し指連打(grやhuなど)は除く。
  • ホームポジション
    • asdfjkl;の8キー領域内での連打のみをカウントする。飛鳥についてはシフトを無視して算出すると異様に高く出る可能性があるので、「シフト変移を含む連続(同じシフト面内に限った連続)」などと表記して、明確に区別する必要がある(もしくは、より低い数字が出る「同じシフト面内に限った連続」のみを評価する方が良いかも)。

さえあれば、飛鳥(だけではなく、多くの新配列系)に高い評価を与えることが可能になると思われます。
 たとえば…一番頻度の大きい「い・う」の連なりを打つ場合、JISは同指異鍵と左手縦連(「う」の打鍵位置を中指にした場合。これはホームポジション位置をどう取るかで異なりますね)、新JISは同手同段とホームポジション連、Qwertyローマ字とDvorakローマ字は同手同段、月は同手非跳躍、飛鳥とNICOLAホームポジション連…としてカウントされますよね。
 こんな感じの評価基準を足すと、飛鳥についても割と正しく(少なくとも他の配列表と同列に混ぜ込んでも問題なく)評価できるのではないでしょうか。
 もう一つ気になっている点は…やはり

  • 中指と中指伸、小指と小指伸は別々に合算されるべき

ではないかとも。
 飛鳥を使っていると、何となくそう思ったりするわけです。


 しかし、見事に飛鳥の特徴が出てますよね…個人的には

とゆー感じで気に掛かっていたのですが、案外にも頻度が高いですね…D段10〜11って。
 そうそう、massangeanaさんが書かれていた

人差指を伸ばさずに打てるのが飛鳥のいいところだそうですが, そのために人差指の打鍵数が中指はおろか薬指よりも少くなっています。もうちょっとバランスを考えた方がいいのではないかと思います。

というところなのですが、これは微妙かな…とも思います。
 NICOLAキーボードで小指と人差し指の両方に凸があるのを見つつこの表を見て思ったのですが、飛鳥の場合は…何となく、「人差し指と小指で手の平を支えつつ、中指と薬指で文字キーを打鍵する」という雰囲気を持っているような気がします。
 中指と薬指が動いても、人差し指と小指がそのままの位置にあればホームポジションへの復帰は(速度的にも、精度的にも)容易です。また、こういうキー使用頻度の配列ですと、打鍵していないときのホームポジション保持を(中指と人差し指はよく上下動させるのでどうしてもキー面から浮かせる方が都合が良く、結果として)人差し指と小指の2本でまかなう方が都合がよいので、結果としては「打鍵のためにはあまり働いていない人差し指と、打鍵のためにはほとんど働いていない人差し指は、結局ホームポジション保持という別目的のために働いている」のかな…などと思ったりもしました。
 もちろん、いつも通りの「気のせい」なのかもしれませんけれども。


 …などといいながら、二つの差については言及を避けてみるわけです(苦笑)。

注意

 下記トラバの「打鍵感の良さをどうやってはかればいいのだろう」は是非ともご覧下さい。
 イヤ、思いっきり考慮忘れがあったことをバッチリ指摘していただいていますので…

連続シフトと同時打鍵の共用を廃して(要するに前の不完全な版に戻して)、「ちょ」は「c→,」、「ち、」は「→c,」と打鍵順で区別するとか(ぇー

(言及:現状ではなし)

 
 …こういう方法論はダメだな。最悪だ。そんなの同時打鍵カナ系じゃない気が。
 (配列設計時から、あるいは実運用時の発見からこういう対応をしているというならば、話は別。但しこれでは「シフトの連続説明忘れ」「ロールオーバー非対応説明忘れ」に続く3つ目の説明忘れに…微妙だ。)

 

繭×飛鳥の現状(経過報告専用)

(言及:現状ではなし)


 ええと…ひとまず手元環境では

  • XP Home … ×
  • XP Pro … ×
  • 98 … ○

 という結果となりました。
 また、かつて作ってノート(XP Home)でも動作していた、へたれ版についても今日動作しないことを確認しました。
 なんと言いますか…パッチが原因なのではないかという気がしてきました…
 (少なくとも、21世紀290版発行当時は間違いなく動作していたので…今年頭までは動作していたことになるはずです。)


 ひとまずログは下記に。

2005/04/17追記

 くわしくは下記コメントをご覧いただきたいのですが、XPについては現在、動作する場合としない場合があるようです。
 原因については現在切り分け中です…。